菅法少年野球部の卒団式

画像

3月25日は、お世話になっています天理菅法少年野球部の卒部式が新家自治会館で行われました。

今年は9人が卒部され、中学生になっても野球を続ける人やそうでない人もいらっしゃると思いますが、みんなとてもいい顔をしていました。

「三つ子の魂100まで」と同義で「3才心」とよく教えていただくが、私は「10才心」があると思うと挨拶させていただきました。

10才前後に経験した仲間との団結や、苦労して練習した経験が、その後の人生に大きく影響するのではないかと思います。

皆さんの素晴らしい明日をお祈りしています✨

自衛隊協力会で講演をしました

画像

3月17日は若江岩田の希来里で、自衛隊協力同好会の定例会で、講演をさせていただきました。

お題が「韓国について」との事で、朝鮮半島の歴史から現代に至るまでの過程を踏まえて、これからの課題についてお話しをしました。

大韓民国と北朝鮮の現状に、多くの方々が不安と怒りを感じておられる現状を憂うご意見が多く寄せられました。

私は白村江合戦の時代から検証し、百済・日本連合軍と新羅・唐連合軍の戦いから考察し、朝鮮半島は常に日本と支那(近代まで中国という国は存在していない)、また北のモンゴル・チベット近代ではロシアの、常に外国の「三国志」状態であった悲劇を前提にしないといけないとお話しをしました。

現在も習近平の中国と北朝鮮の金正恩、プーチンのロシアと、我が国とアメリカの「三国志」の舞台になっていると指摘しました。

日本にとって唐の圧力の時代から、元が攻めてきた時代も、清やロシアが李氏朝鮮を使って迫ってきた近代も、巨大な敵国の脅威が釜山まで下がってきた時に常に緊張状態になるとお話し、如何に非友好国となろうとも韓国には頑張ってもらう必要があるのではと思う旨をお話しました。

付き合いをするべきではない等の意見など、厳しい意見もいただきましたが、冷静に考える必要があるとお話しをしました。

これからも議論を深めていければと思います。

JRおおさか東線が全線開通しました

画像

3月16日JRおおさか東線は、1963年に都市交通審議会で整備推進の答申が出されて以来56年の歳月をかけて新大阪まで全面開通し、東大阪市はいよいよ新幹線まで乗り換えなしで行けるようになりました。

多くの皆さんの汗により、東大阪は西は三宮、東は奈良・京都、南は王子、北は新大阪と大阪府内では屈指の交通利便地域になりました。

特に河内永和はその中心にあり、旧布施市役所がなくなってからは官庁街の様相は消えつつありますが、住宅ディベロッパー等が土地を求め続けており、これから市内最大の人口集中エリアになることが予測されます。

学校園の計画等はそれを織り込んでいるとは思いますが、今後の人口の推移を注意深く見続けなければいけません。

何にしても、よかったですね!

東大阪青年会議所のメンバーと交流しました

画像

3月16日は東大阪青年会議所で同期で入会した仲間で、昨年末に卒業された利川邦真 第62代理事長の追い出し(お祝い会)をさせていただきました。

利川直前理事長は、私が東大阪JCに入会した時の受け入れを担当してくださった方で、私の個人ホームページは利川直前理事長が作ってくださったものです。

久しぶりに同期が集まり、楽しいひとときを過ごす事が出来ました。

利川直前理事長、長年お疲れ様でした。

娘の卒業式に行って思いました

画像
画像

3月15日は東大阪市では一斉に市立小学校の卒業式が行われました。

本日ご卒業された皆さんと保護者の皆さんに、心より祝福を送りたいと思います🙂

我が家も、三女が市立縄手小学校を卒業し、本日卒業式を迎える事が出来ました✨

私学の中学校に進学されるお子さんもいらっしゃるので、涙の卒業式になった方も多いと思います。

これから東大阪市は小中一貫になるので卒業式がどうなるかですが、このような儀式は是非とも残していって欲しいと思います。

皆さん、おめでとうございました🙂

親日国インドネシアの更に親日自治体バリ州を訪問しました

画像
画像
画像
画像

インドネシア バリ州 ジュンブラナ県を表敬訪問しました。

インドネシア国は人口2億人の巨大な国で、バリ島は観光地として有名ですが、ジュンブラナ県は、バリ島の最西部に位置し、人口は25万人程度の農業が主要産業の県です。

この県と日本との関係は古く、20年前の県知事が広島大学に留学されていた経験から、極めて親日で、東南アジアで1番の親日国のインドネシアで更に1番の親日自治体です。

20年前に公立小学校で日本語の授業を実施して、多くの留学生や研修生を先駆けて出してこられました。

また現在でも、専門学校で日本語授業を行っておられます。

私は20年来のお付き合いですが、昨年知事が中山泰秀外務委員長にご挨拶に来られので、その返礼と、これから東大阪とも親密にお付き合いをしたいとおっしゃっておられる事もあり、2日間の強行日程で訪問させていただきました。

イマド副知事と対談をし、イマド副知事から政府与党の闘争民主党のジュンブラナ代表として、日本の与党の自民党とは親密に力を合わせてアジアの発展を図りたい、またイマド副知事は来年知事選挙に出馬されるので、これから更に情報交換をする約束をして参りました。

またバリはインドネシアでは唯一のヒンズー教の方多く、ヒンズーの寺院にも参拝して参りました。

親日自治体を更に増やしていき、地方自治からアジアの安定に寄与して参ります。


追記 ジュンブラナ県副知事公舎にはインドネシア初代大統領 スカルノの肖像画が飾られています。(デビ夫人の旦那さんですね)スカルノ大統領のお母さんはバリ人で、バリはスカルノの影響が今でも色濃く残っています。

楠公研究会の顧問をさせていただいています

東大阪市がある河内は、その昔大楠公こと楠木正成公が治めていた地域になります。

楠木正成はご存知の通り、鎌倉幕府の大軍をわすがの兵力で打ち負かした伝説の武将です。

その後後醍醐天皇を死守するために猛烈な死を選ばれ、その精神は楠公精神と呼ばれ江戸時代の武士道、何よりも明治維新に強い影響をおよぼしました。

このテクノロジー文明が進んでいる現代の日本人にでも、精神的に色濃く影響しています。

私の祖先が南朝側で戦ったご縁から、楠木正成公の子孫である山下さんが会長を務められている楠公研究会の顧問を、設立当初からさせていただいています。

世界がグローバルになり、地球規模で大きく変化を起こしている今だからこそ、なおさら義や公を貫く楠木正成を研究し、後世に伝えていく事が大切と考えています。

塩川憲史事務所開き

画像

3月10日に布施の駅前で事務所を開設された、塩川憲史自民党府政委員長の事務所開きが盛大に行われました。

塩川委員長は、ご存知の通り塩川正十郎東大阪市名誉市民のお孫さんです。

私たちの世代までの東大阪の自民党議員は、塩川大先生に直接ご指導を賜った世代ですが、多くの若い世代にとっては、塩川先生が遠い存在になりつつありますが、浸透をしっかりと果たしていかなくてはなりません。

田中学先生のお話を聞きに行ってきました

画像
3月9日は昔からお世話になっています、田中がく貝塚市議会議員の決起大会が地元貝塚市で盛大に行われました。

西村康稔内閣官房副長官や後藤田正純衆議院議員など、多くの来賓が田中がく先生の激励に来られ、日頃の田中先生のお人柄がよくわかります。

私も田中先生が青年局長をされておられた時代から、色々な事で助けていただきました。

田中がく先生の必勝が、今後の大阪の政治に大きく貢献する事は間違いありません。

必勝を心よりお祈りしております。

中山泰秀緊急集会

画像
3月8日は中山泰秀衆議院議員の緊急政経懇談会を帝国ホテルで行いました。

緊急のお誘いにも関わらず、多くの皆さんにお集まりいただき、中山代議士の地元の府市議会議員の皆さんと、中山系列の議員を紹介させていただき、来るべく戦いにエールを送っていただきました

奇しくも松井大阪府知事と吉村大阪市長が辞職をしましたので、自由民主党としてのこれからのあり方も共有させていただきました。

自由民主党の完全勝利に向けまして、皆様の更なるお力添えを宜しくお願い致しますm(_ _)m

武蔵川部屋

画像
画像
画像

3月3日はホテルグランヴィア大阪にて武蔵川部屋激励会が武蔵川部屋大阪後援会の主催で盛大に行われました。

東大阪市で印刷業を営んでおられる山崎由起子副会長のご挨拶で開会し、本市の川口誠司副市長が代表で挨拶し、いつもお世話になっています一般社団法人「LGB,T」代表の麻倉ケイトさんのショーなどで皆さん楽しんでおられました。

武蔵川部屋は、ご存知横綱武蔵丸が親方の部屋で、三月場所では地元八戸ノ里の東大阪アリーナの隣で練習をされておられるご縁があります。

東大阪出身の力士もおられ、東大阪市民としては武蔵川部屋の皆さんの活躍が大いに気になる所です。

追記 この日は「ひなまつり」でしたが、うちは3人の女の子がいますが、今年も予定が詰まっており家には居らずで何も出来ませんでしたが、買ってきた桃の花は、帰ってきたら咲き誇っていました🌸

しかた松男先生

画像

3月3日は大変お世話になっています、しかた松男大阪府議会議員の事務所開きがJR鴫野駅近くの事務所で盛大に行われました。

城東地車連合の今西一憲統括ご夫妻がだるまをかかえられての目入れも終り、いよいよ決戦が近づきつつあります。

しかた先生には、これからも大阪府全体の為に大活躍していただきたいと思います。

東翠園老人会

画像

今週は東翠園地区老人会がされておられます、合唱の会に参加させていただき、一緒に歌を唄わせていただきました。

東翠園は八戸ノ里の南側にある自治会で、近鉄の前身である大阪電気軌道が、これもまた布施市の前身である小阪町に高級住宅地域を開発したいという事で分譲した、東大阪市では古い新興住宅地です。

多くの皆さんが一緒に歌を唄っておられ、お年が90歳を超えてもシャキッとされておられ、アコーディオンを演奏されておられるお方も90歳を超えておられ、大変素晴らしい光景でした。

これからは人生100年時代になるという事で、定年の年齢も70歳になる事が議論されています。

医療の発展と共に、おいくつになられても元気で過ごせる環境を整える必要が益々重要になってきます。

理容の発展のために

画像

2月25日は全国理容生活衛生同業組合連合会中央講師会の池田道治先生の黄綬褒章受賞祝賀会に出席をさせていただきました。

特別発起人である、大阪府理容生活衛生同業組合の都原茂人理事長は、長年布施支部長を歴任され、初当選以来家族付き合いをさせていただき、私にとっては父親みたいな存在です。

池田先生は阪南市でお仕事をされておられますが、世界大会で優勝経験もある素晴らしい腕の先生で、また後身の指導にも尽力されておられます。

私も長年にわたり理容組合の先生方にお世話になっており、福祉理容等でもお力添えをいただいており、今後も少しでも理容の先生方のボランティア活動に、お手伝いが出来ればと思っております。

東大阪市は中小企業の街です

画像

2月24日に難波の敦煌にて、東大阪市に本部がある近畿中小企業福祉事業団と中小企業自主申告会の総会が行われました。

事業団の永島充時理事長のご挨拶で始まり、楽しい落語やアトラクションで盛り上がりました。

申告会の栫健三郎会長とは15年近いお付き合いをさせていただいていますが、事業団は雇用保険の加入事務を、自主申告会も東大阪を中心とした多くの中小企業の税務申告をサポートされてこられました。

これから確定申告の季節です。多くの皆さんが税金の計算に頭を抱えておられると思いますが、これからも頂いた税金を有効に政策に反映出来るよう勉強を続けます。

防災対策な何よりも大切です

画像
画像

2月24日は早朝から縄手小学校で校区連合の防災訓練を行いました。

各自治会の集合場所からヘルメットをかぶって集合し、数年前に各学校に整備した防災スピーカーから流れるサイレンを合図に学校まで行列しました。

各自治会毎に整列し、消火器の練習から心臓マッサージ、AED、車椅子、段ボールベッドの組み立てと、行政と消防がするスタンダードな訓練を行いました。

啓発を行いたいのは、東大阪市の下にはしる生駒断層によって起こる震度7以上の地震の可能性は、30年以内には0~0.3%。

しかし、全国に110箇所ある断層で、生駒断層の地震発生可能性ランキングはベスト10に入るという事で、決して安心出来ません。

これからもハザードマップ等も有効に利用し、防災対策を検討していかなければいけません。

しかた松男大阪府議会議員

画像

2月24日、帝国ホテルにて、お世話になっていますしかた松男大阪府議会議員の総決起大会が盛大に行われました。

私は中山事務所で城東区を担当していましたので、しかた松男先生に色々と教えていただきました。

また挨拶をさせていただく機会もいただき、お世話になった城東区の皆様にもご挨拶をさせていただくことが出来ました。

しかた松男先生と、西川ひろじ大阪市会議員の勝利までは微力ですが努力させていただく事をお約束させていただきました!

皆様も何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m

私の生涯の仕事は、世界から「いじめ」を撲滅することです

私の現職時代最後の仕事は、学校から「いじめ」を排除することでした。

長年に亘って全国や世界中の制度を分析・検討した結果、学校現場における「いじめ」は人間関係の問題ではなく、傷害事件であるとの結論に達し、警察力や公的拘束力を駆使する制度整備を急ぎました。

当時自民党が政権に復帰した時期で、国がいじめ防止対策推進法を施行しましたが、所謂理念法なので現場では有効性が薄いと感じました。

モンスターペアレントや保護者の利害対立から「いじめ」は隠蔽した方が得との空気が学校現場にあったので、私は「いじめ」が見られた場合に隠蔽を禁止する条例制定を検討し、市議会に提案しました。

会派間調整の結果、議会提出は見送られましたが、野田市長に整備要求を行うことが出来、平成27年3月に「東大阪市いじめ防止等に関する条例」が成立し、今でもこの条例によって「いじめ」対策を行っています。

児童虐待の問題も同じで、躾と傷害事件との線引きを明確にしなければ、問題が解決しないと考えます。

私の次の仕事は、この「児童虐待」をなくすため、明確な法体制整備による児童傷害事件から子供を保護する事だと考えています。

皆さんのご意見をお聞かせいただければ幸いです。

大阪府議会議員選挙

画像

4月3日は朝から新石切駅で塩川憲史府議会議員候補の駅立ちから始まり、私の後援会長の会社で皆さんにお声がけして朝礼がわりにミニ演説会を行いました。

塩川候補者がお一人お一人にしっかりとご挨拶され、これからの大阪について皆さんにお話しをさせていただきました。

また瓢箪山商店街で移動事務所を設けられましたので激励に行かせていただくと、多くの皆さんと候補者で、通りすがりの皆さんにご挨拶をしておられました。

その後は中山事務所で担当しておりました東成区でお世話になった、徳永しんいち府議会議員候補と川嶋ひろとし市会議員候補の事務所に激励にお伺いしました。

皆さん全力で頑張っておられます!

最後まで総力を結集して参ります。

石切生喜病院にて

画像

4月2日は私の後援会「修賛会」の藤井弘史会長が理事長をされておられます石切生喜病院をお借りして、小西ただかず府知事候補と柳本あきら大阪市長候補の演説会をされていただきました。

候補者本人は日程上来れなかったので、奥様がお越しになられ、皆さんにお訴えを致しました。

柳本あきら夫人からは、背水の陣で望む心境をお話しされていただき、小西ただかず夫人からは、橋下徹知事を支えてこられた視点から現在の状況を懸念する事が立候補の動機であったとお話しがありました。

地元の宗清皇一衆議院議員からも、大阪の現在の低迷を脱するためにも、都構想議論を終結にしなければいけないと訴えさせていただきました。

厳しい情勢との事ですが、最後まで頑張って参ります。

岸田政務調査会長が来られました

画像

3月30日は小西ただかず府知事候補と柳本あきら大阪市長候補の応援に、自民党から岸田文雄政務調査会会長が梅田ヨドバシカメラ前でお訴えをさせていただきました。

岸田政務調査会長は外務大臣を歴任された外交通で、世界との関係の中でも、万博の成功のためにも政治を安定する必要があるとお話しになられました。

雨が降りつづくなかでも、多くの皆さんに足をとめていただき、聞いていただきました。

自民党は党をあげて最後まで頑張って参ります。

統一地方選挙出陣式

画像

いよいよ統一地方選挙が始まりました。

東大阪市から自由民主党は、塩川正十郎先生のお孫さんの塩川のりふみさんを公認し、また府議会副議長の西野しげるさんを公認し、全力でご支援する体制を整えています。

昨日は朝から両陣営ともに出陣式を行い、戦いに出発致しました。

4月7日の投票日まで全力で戦って参りますので、ご支援賜りますよう何卒宜しくお願い致します❗

統一地方選挙が始まりました

画像
画像
画像

3月29日、いよいよ統一地方選が告示されました。

選挙というものは本当に多くの仕事が山積みで、昨日は準備に奔走してしまいました。

私の後援会「修賛会」の藤井弘史会長の病院にお伺いし、知事候補の小西ただかずさんと大阪市長候補の柳本顕さん、そして今日から始まりました府会議員候補の塩川のりふみさんと西野茂さんの支援体制について打ち合わせをしました。

またお不動さんのご縁日なので、今西不動に参拝をさせていただき、今西不動とご縁が深い城東区選出のしかた松男候補の必勝を祈願させていただきました。

また東大阪に戻りまして、御幸町自治会の役員会に出席し、役員改選と来年度の予定、予算等について打ち合わせをしました。

事務所に戻りますと、掲示板のポスターの準備と選挙ハガキの用意など、この時期は早朝から深夜まで落ち着く時間がありません。

全ての候補の必勝まで、皆さんと共に戦い抜きます!

後援会青年部の定例会

3月27日は私の後援会青年部「修勢会」の定例会合でした。

武田会長から、この秋に迫った戦いについて檄をとばしていただき、みんなで結束して頑張っていただく事を確認しました。

また西野茂府議会議員が飛び入り参加され、武田会長のお父さんからのご関係をお話しされ、明日から始まる戦いについてのお願いをされました。

西野先生からも、小西ただかず府知事候補に対するご支援のお願いがあり、小西ただかずさんの必勝を共有させていただきました。

私達の世代は、これからの子供達の時代の為にどのようにしていくのか、多いに語り合いました✨

前田和彦大阪市議の事務所開き

画像

3月24日は大阪市長選挙が告示され、自民党は柳本顕候補を推薦し、先の大阪府知事選挙で小西ただかず候補を応援するのと共に、友党公明党と共同戦線をはって戦うことに決めました。

私は、朝から日頃お世話になっています北区の前田和彦大阪市会議員の事務所開きに伺い、司会をさせていただきました。

前田市会議員は演説滑らかで、小泉進次郎を思わせる声の持ち主。自民党大阪府連のまさにホープです。

先日も吉村市長相手に鋭く論戦をはり、議論で戦う新しい自民党を代表する議員です。
大阪駅前を持つ北区は大阪の要。

ここの政治が、大阪全体の政治にも大きく影響します。

北ヤード開発や新しい鉄道網整備も控える中、自由民主党が果たす責任と役割は大きいと思います。

茂原ひでひと府政委員長と共に、大きな期待が寄せられます。

河内小阪駅前街頭演説会

画像
画像

今日は地元河内小阪駅にて、大阪府知事候補の小西ただかずさんの街頭演説を開催しました。

500人に近い皆さんにお集まりいただきました。

友党公明党の山下府議を始め、わが党からは西野茂府議と塩川憲史府政委員長、自民党・公明党の議員が結集し、わが党の宗清皇一衆議院議員が司会をさせていただきました。

経済産業大臣の世耕弘成参議院議員からも訴えをさせていただき、大阪万博担当大臣として、万博成功のためにも是非とも小西ただかずさんを勝たせて欲しいとお願いをさせていただきました。

また野田義和東大阪市長からも、東大阪市のためにも小西ただかずさんを勝たせて欲しいと檄をいただきました。

私もジャンパーを着て、通行される皆さんにご迷惑をおかけしないよう交通整理をさせていただきました。

引き続きしっかりと頑張って参ります。

大阪府知事選挙が告示されました

画像

画像

松井大阪府知事の辞職に伴う大阪府知事選挙が告示されました。

自民党は、小西ただかずさんを推薦する事に決め、友党公明党と共に戦う決意を固めました。

早朝より二階俊博幹事長が来阪し、大阪駅前のヨドバシカメラ前で直接大阪府民の皆さんに訴えさせていただきました。

本来ですと、こちらで皆さんにお願いをさせていただかなければいけませんが、今回は選挙三昧の状態で、支援者の皆さんにもご無理をおかけしていますので、ポスター貼りは自分で行いました。

朝から雨が降ったり、昼から太陽が照ってきて暑くなったりという感じでしたが、夕方前には貼るべき所は終える事が出来ました。

最終最後まで、戦い抜いて参ります。

「都構想」の議論を聞いていて思います

3月18日に帝国ホテル大阪にて、来る統一地方選で大阪市北区で頑張っています、中山事務所の先輩である茂原ひでひと府政対策委員長の決起大会を行いました。

当日は、大阪市長に再挑戦する柳本顕元市議と、大阪府知事に挑戦する小西禎一元大阪府副知事も決意を表明されました。

松井知事にしても吉村市長にしても、私は政治的には一定の評価はするべきであると思っていますが、今回のクロス選挙は全く大義名分がないと思うのです。

法定協議会が議論にならないとの事が今回の辞職の原因だとの事ですが、議会制民主主義はやはり討議で結論を出すのが筋だと思います。この11月まで任期が残っている訳で、任期内に結論を出すために途中でリセットして選挙とは一体何?、と思ってしまいます。

まだ議論する時間はあるにも関わらず、問題があると思います。

かつてナチスドイツは、勝つまで解散して数年で何回も選挙をやり直し、選挙に疲れた有権者が棄権する事で独裁政権を樹立しましたが、これを参考にしているとしか思えません。

また肝心の「都構想」に関する情報開示は全く不十分でした。法定協議会の答弁を分析すると、経済効果はほぼゼロ。移行経費は1500億円。議員数も公務員数も増加するとの事。

維新が主張してこられた、大胆な行政改革とは一体何だったのか?と思います。

更に、私達東大阪市のような衛星市にとって、都構想後の構想が全く抜け落ちています。大阪市は4分割はわかりますが、東大阪市はどうなるのでしょうか?

私が現職時代には、東大阪市は中央環状線で東西二分割案や、産業道路での南北二分割も検討しておられました。新しく建設した22階建ての市役所庁舎も上下二分割論が議論されており、苦笑いしたのを覚えています。

まだその当時は都構想後の東大阪市像が議論されていただけでもましで、最近は話にも出てこなくなりました。

そんな現状で、東大阪市民にも民意を問うとは、一体何を問うのか全く理解出来ません。(知事選挙は大阪府民全員に民意を問うとの事です)

本来は任期をきっちり責任を果たしてもらうべきと考えます。しかしながら、選挙をするらしいので、私達もしっかりと議論で対抗して参ります。

息子の参観に行って考えました

画像


久しぶりに子供の学校参観に縄手小学校に行ってきました。

仕事柄、日頃子供の参観にいくことは中々難しいのですが、久しぶりに学校を見に行こうと思いました。

平日でもお父さんが仕事を調整されて来られておられる方も、大勢いらっしゃいました。

働き方改革ではありませんが、女性も多くの方々が働かれておられる昨今、お父さんも子供の事に関わる時間を調整するためにも、所謂働き方等の社会制度見直しも検討していかなければいけないと思います。

学校も男性の力が活かせるように、機会の充実整備に取り組む必要があるのかもしれません。