JRおおさか東線が全線開通しました

画像

3月16日JRおおさか東線は、1963年に都市交通審議会で整備推進の答申が出されて以来56年の歳月をかけて新大阪まで全面開通し、東大阪市はいよいよ新幹線まで乗り換えなしで行けるようになりました。

多くの皆さんの汗により、東大阪は西は三宮、東は奈良・京都、南は王子、北は新大阪と大阪府内では屈指の交通利便地域になりました。

特に河内永和はその中心にあり、旧布施市役所がなくなってからは官庁街の様相は消えつつありますが、住宅ディベロッパー等が土地を求め続けており、これから市内最大の人口集中エリアになることが予測されます。

学校園の計画等はそれを織り込んでいるとは思いますが、今後の人口の推移を注意深く見続けなければいけません。

何にしても、よかったですね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック