楠公研究会の顧問をさせていただいています

東大阪市がある河内は、その昔大楠公こと楠木正成公が治めていた地域になります。

楠木正成はご存知の通り、鎌倉幕府の大軍をわすがの兵力で打ち負かした伝説の武将です。

その後後醍醐天皇を死守するために猛烈な死を選ばれ、その精神は楠公精神と呼ばれ江戸時代の武士道、何よりも明治維新に強い影響をおよぼしました。

このテクノロジー文明が進んでいる現代の日本人にでも、精神的に色濃く影響しています。

私の祖先が南朝側で戦ったご縁から、楠木正成公の子孫である山下さんが会長を務められている楠公研究会の顧問を、設立当初からさせていただいています。

世界がグローバルになり、地球規模で大きく変化を起こしている今だからこそ、なおさら義や公を貫く楠木正成を研究し、後世に伝えていく事が大切と考えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック